2009年01月09日

アニメ版のだめ 巴里編

のだめカンタ-ビレ 巴里編 【初回限定生産版】 第1巻 [DVD]
のだめカンタ-ビレ 巴里編 【初回限定生産版】 第1巻 [DVD]
川澄綾子, 関智一, 松風雅也, 大原さやか, 今千秋

関連商品
のだめカンタ-ビレ 巴里編 【初回限定生産版】 第2巻 [DVD]
のだめカンタ-ビレ 巴里編 【初回限定生産版】 第3巻 [DVD]
のだめカンタ-ビレ 巴里編 【初回限定生産版】 第4巻 [DVD]
TV ANIMATIONのだめカンタービレOFFICIAL (KCデラックス)
アニメ「のだめカンタービレ」巴里編サウンドトラック
by G-Tools

当地のテレビ局では、先日第8話を放送していました。

千秋がマルレ・オケの指揮台に初めて上がり、めちゃくちゃな演奏になってしまうという話です。

そして、ヤキトリオ(黒木君、ポール、のだめ)がプーランクのトリオを千秋に聞かせるという話。


さて、プーランクの「オーボエ,バソンとピアノのための三重奏曲」、初めて聴きました。
(マンガでは、いくらその曲に興味があっても音が聞こえてこないので・・・)

Saint-Saëns/Poulenc: Sonatas For Oboe & Piano/Sonata For Basson & Piano/Trio プーランク:六重奏曲|オーボエ,バソンとピアノのための三重奏曲 他 French Chamber Music for Piano, Oboe and Bassoon

プーランクについて千秋が語っている通り、冒頭を聴いた感じでは、なるほど「エスプリ」な曲ですね。
なかなかフランスものには縁がないので、もっとじっくり聴いてみないと、個人的な感想は、なんとも言えませんが。。。

また、バソンとファゴットの違いについても・・・正直、私には分かりません。。。(>_<)

それにしても、今回の「巴里編」では、演奏シーンのCGのクオリティもアップしていますね!
楽器の質感もよく表現されているし、意外とこれって、かなりすごいことだと思うのは私だけでしょうか・・・?
タグ:のだめ
posted by btbt at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日ののだめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

小泉本その2 小泉純一郎の「宣戦布告」

小泉純一郎の「宣戦布告」小泉純一郎の「宣戦布告」 (徳間文庫)
大下 英治

徳間書店 2001-07
売り上げランキング : 383909

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近、また加藤紘一さんが自民党内で不穏な動きを画策しているようですが、この本を読めば、その昔、加藤さんが党内を掻き回した「加藤の乱」の詳細が分かります!

タイトルこそ「小泉純一郎」が前面に出ていますが、内容は、その小泉さんが総裁選出馬を決意するに至るまでの、自民党内の動き(森総理の支持率低迷、「加藤の乱」、橋本派の混迷・・・)などが半分を占めています。

今に続いている自民党内の流れを知るには、一読の価値はあると思います。

中古店で見つけたら、買っておきましょう。

「出て行ってほしい」加藤元幹事長に、自民党政調審議会で批判続々
加藤氏の野党連携発言 東北の議員が反発
posted by btbt at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

安藤竜

一発勝負~カヴァー・アルバム一発勝負~カヴァー・アルバム
アンドリューW.K.

ユニバーサル インターナショナル 2008-11-26
売り上げランキング : 1176

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

安藤竜 こと アンドリューW.K. の出した、J-POPのカバーアルバム(J-POPの名曲を英語で歌う)がすごいです!

「ボヘミアン」と「リンダ・リンダ」がFMから流れてきたときは、度肝を抜かれました。

これは、単なるイロモノではなく、本物のイロモノだと思いますね。(笑)

視聴もできます

オフィシャルサイト

鼠先輩ともコラボしたらしい

posted by btbt at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

波のうえの魔術師 石田衣良

波のうえの魔術師 (文春文庫)波のうえの魔術師 (文春文庫)
石田 衣良

文藝春秋 2003-09
売り上げランキング : 38820
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【今だから読んでおきたい1冊】

石田衣良にしては珍しい「経済モノ」。

しかし、どこかに人間臭さがある展開は、IWGPなどと同じく、著者の得意技。

舞台は、今と同じく、不景気(市場が下落中)真っ只中の世の中。(2001、2002年頃?)

そんな中で、ある老人と、老人にスカウトされた主人公の若者が、株式投資で、ある銀行を破綻に追い込むという、まさに劇的なストーリー。

下げ止まらない市場でも儲けを得る方法を教えてくれた、貴重な1冊でもある。(笑)
(高値で「信用売り」し、底値で「買い戻す」とか・・・)

ドラマ「ビッグマネー!」(2002年放送)の原作でもあるが、そちらは、見たいような見たくないような・・・

植木等と長瀬智也がどう演じているか、気にはなるけれども。。。

posted by btbt at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

小泉本その1 郵政大乱!小泉魔術(マジック)

郵政大乱!小泉魔術(マジック) (徳間文庫)郵政大乱!小泉魔術(マジック) (徳間文庫)
大下 英治

徳間書店 2005-11
売り上げランキング : 443389
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

次期衆院選がいつ行われるのかは、今のところまったく不透明ですが・・・

今の衆院議員が選ばれた、前回の衆院選(いわゆる「郵政選挙」)の舞台裏を、克明に描き出しています。

まるでその場にいるかのような、著者得意の情景描写・心理描写が、読んでいてもとても分かりやすいです。

2005年の出版ですが、今の政治を知るには、読んでおいた方がいい1冊でしょう。

「小泉は信長か」と併せて読むと、彼のこと、そして郵政民営化のことが、なお良く分かると思います。


・・・個人的には、彼のことが好きとか嫌いとかではなく、あのゴタゴタの中身をもっと詳しく知りたい思って読み始めたわけで・・・
結局のところ、「周りは大変だったんだね」という感じですね。。。
posted by btbt at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。