2009年10月08日

Amazonウォーター

(お徳用ボックス) 森の水だより 2.0L×6本
(お徳用ボックス) 森の水だより 2.0L×6本
おすすめ平均
stars安かったです。
starsおいしい
stars安かったです
stars癖が無い万能水
stars価格変動に注意

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


価格変動にもよりますが、超安い「水」です!

私が買ったときは「¥458」でした。
¥458÷6=¥76.3
ドラッグストアの安売りでも、1本78円くらいなので、これは安いと思って思わず注文しちゃいました。

しかも、3階のオフィスフロアまで、佐川急便のお兄ちゃんが持ってきてくれるので、重い思いをしなくてOKなんです!

Amazonで水を買うなんて何か変な感じですが、何かのついでにチェックしてみてはいかがでしょう?
タグ:Amazon
posted by btbt at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島vs川崎 再試合-決着



鹿島 2-3 川崎
http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090100010120091007.html

再開直後の 伊野波FK→ダニーロ→岩政 で点を決めた時は画面の前で絶叫しました!!

この勢いで同点に追いつけ!と、今日は鹿島を応援しちゃいました。

・・・中止になった試合の、鄭大世の態度も気に入らなかったし。。。(今日もイエローもらったしな)


でも、ダニーロのシュートはクロスバーを叩き、その後も惜しいシュートが3本?くらいあったかな・・・



それにしても・・・川崎サポ、すごいっす!

16分の試合のために、平日夜、しかも台風接近中のさなかの試合にもかかわらず、バス26台とは!
タグ:鹿島 川崎
posted by btbt at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

山形vs大分

山形小林監督が心を鬼に「勝って落とす」
 トレーニングをする選手を、何やら考え込むような表情で見つめる小林監督  故郷の再活性化を願うからこそ、愛着のあるクラブをJ2に突き落とす。J1山形小林伸二監督(49)が29日、10月3日の大分戦で「オレが勝って(大分をJ2に)落とす」と必勝を誓った。02年に指揮してJ1昇格を果たした大分は、山形に敗れると残留が絶望的。長崎県出身の指揮官は「九州にJ1がなくなるのは、寂しい」と話しながらも、九州サッカー界の「カンフル剤」になることを願った。

 監督業をスタートし、苦楽をともにした選手、スタッフが、いまもなお残っている大分。それでも小林監督は心を鬼にして、降格のがけっぷちに追い詰める。「(残留を争う)この状況で当たるのは、正直すごくつらい。だけど、オレが勝って(大分をJ2に)落とす。すごく複雑だけど、大分が1年でリカバリー(J1復帰)できれば…」と表情を引き締めた。

 山形を指揮して2年目。チームづくりのモデルとして、常に大分時代の経験と照らし合わせてきた。財政基盤の弱さや、人口や取り巻く環境が似ている地方クラブ同士。当時から心に抱く「J入りを目指す地方のクラブに、勇気を与える存在になりたい」という理念で、山形のJ1定着を果たす覚悟だ。

 「九州にJ1がなくなるのは、正直寂しい。鳥栖や熊本、福岡も(J1がなくなることを)どう思うか…」と、指揮官はしみじみ語る。一時的な屈辱を発奮材料として、故郷の再興を願っているのだ。15位の山形が勝てば勝ち点が33となり、勝ち点15の大分は、残り6戦全勝(到達勝ち点が33)が残留への最低条件で、事実上の「最後通告」となる一戦。指揮官は思い入れを胸にしまい、勝負に徹する。【山崎安昭】
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20090930-549861.html

そして、某掲示板「大分スレ」の反応
893 :U-名無しさん@実況はサッカーch sage :2009/09/30(水) 13:46:04 ID:WGMnBG+dO
小林さんに落とされるんだったら本望よ、どうせ残留出来ないんだから小林さんが上げたんだから落とすのも小林さんの仕事だろ

894 :U-名無しさん@実況はサッカーch sage :2009/09/30(水) 13:47:34 ID:VvOuTdIaO
コバさんに落とされるなら本望やな。

895 :U-名無しさん@実況はサッカーch sage :2009/09/30(水) 13:53:22 ID:HOdfI/+N0
コバちゃん、頼んだ。


そして、土曜日の試合前、山形の選手紹介の最後に小林監督の名前がコールされると、大分のゴール裏の一部からは・・・

ブーイングではなく、なんと「拍手」が・・・(泣)


しかも、大分ゴール裏には、大分の地元メディアと思われる、テレビ、新聞のカメラが終結し、ピッチ内での練習が始まると、女子アナがマイクを握りレポート撮りを始め・・・

まさに、「降格前夜」の雰囲気でした。。。


でも、試合は、終始、背水の陣で臨んだ大分のペース。

山形も各選手の動きにキレはあるものの、決定機まで持ちもめず、 0-0 のドロー。

ウェズレイがいなくなった大分で、エジミウソンが獅子奮迅の活躍ぶりでした。
あと、ゴル裏の「ムウ」コールは、何をコールしてるのかわからなかったです・・・(やさしい「ブー」なのかと初めは思ったり・・・)


ちなみに、審判アセッサーは、以前、鹿島-川崎で降雨ノーゲームを決定した際のマッチコミッショナーの不破信さんでした。。。
posted by btbt at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

サイドハーフ石川

モンテディオ山形  石川竜也

山形石川「攻撃的MF」で残留の切り札
 「左のスナイパー」が残留の切り札になる! J1山形DF石川竜也(29)が、攻撃的MFで起用されるプランが9月30日、分かった。本職は左サイドバック(SB)だが、小林監督は石川の守備負担を減らし、チーム随一の攻撃力を生かす構え。守備力が高いDF小林を左SBで先発させて守りを固め、ゲーム終盤の勝負どころで石川を投入する。

 慣れ親しんだ最終ラインの2列前が「左のスナイパー」の新たな仕事場だ。小林政権下でこの日初めて、石川が左サイドハーフで戦術練習をこなした。「鹿島時代にやったことがあるから、できないわけがないでしょ」という通り、高い位置でピンポイントクロスを入れまくる。自らゴール前に顔を出してはパスを要求し、ボールを簡単にゴールへ入れ続けた。

 石川の2列目起用を、2年越しで温めていた指揮官も、目を細める動きだ。「この前(9月26日の千葉戦)も、入っていきなりアーリークロスを入れたり、相手は嫌だったと思う。相手がへばったところで(途中から)出る方が、タツ(石川)のストロングなところが出る。右(サイド)で使えば、切り込んでシュートも打てる」と、スーパーサブ起用の継続を示唆した。

 セットプレーのキッカーも務める「攻撃の柱」を、ベンチ待機させる理由がほかにもある。小林に比べれば守備が劣る、石川の左サイドが狙われる場面が増えた。「タツが高い位置に上がれなくなり、周りもカバーに引っ張られる」と指揮官。1点が命運を分ける残り7試合で手堅く勝ち点を積み上げるためにも、まずは“スナイパー温存”から入る。

 チームの得点のために全力を注げ−。指揮官の意図を、石川も理解済みだ。夏場から首や背筋を痛めて、満身創痍(そうい)で戦っているため、短時間の方がプレーの精度が増すはずだ。「ボクが出るまで、0−0の時間を長くしてくれれば、フフフ」と、にやつく石川。J1残留へ少しでも前進させる仕事を、きっちり果たす。【山崎安昭】
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20091001-550288.html

前節の千葉戦は、外出中だったので車の助手席で、ケータイで試合状況をチェックしていたんですが、「後半33分 古橋達弥 → 石川竜也」というタツヤ同士の交代を見たとき、フォーメーションが全く分からなくなりました。。。

左SBの小林が右SBに移り
右SBの宮本がボランチに上がり
ボランチの秋葉がSHに上がり
SHの北村or宮崎がFWに上がり・・・??

もしくは長谷川ワントップの「守備固め」??
を想像していたのですが・・・・

なんとなんと、「攻撃」の交代として石川を投入していたとは露知らず!(まだ録画も見ていないもので・・・)

しかも、そのプランは、監督の中では2年も温存していたとは、さらにびっくりでした。

こういうこともあって、石川は今季、モンテへの完全移籍の道を選んだのかな?とも思ってみたり。。。


・・・実は先週、鹿島時代にサイドハーフでミドルシュートを打つ映像をYouTubeで見たばかり↓で、意外といけるんじゃん!と思った矢先の出来事で、これまたびっくり。

フォーメーションは1:11頃
惜しくもバーを直撃したミドルシュートは3:10頃


・・・ということで、明後日の大分戦!
雨でも行くようにしようかな・・・

午前中は子どもの運動会もあるんだよね・・・(>_<)
posted by btbt at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

鹿島vs川崎 再試合

川崎サポが「16分間」観戦ツアーに殺到
 豪雨による中断のため、10月7日に残りの16分間だけカシマスタジアムで行われる鹿島−川崎戦に、往復5時間半もかけて多数の川崎サポーターが駆けつけることが28日、分かった。

 J1川崎が応援ツアーを企画。当初バス8台分の320人を募集したが応募が殺到し、あわてて3倍以上のバス25台、1000人に募集定員を増やすことが発表された。

 平日水曜日の開催。しかも後半29分からの再開で、ロスタイムを含めても約20分間の観戦なのに、川崎から茨城・鹿嶋市まではバスで片道2時間45分もかかる。通常4000円のツアー料金を1000円に下げたこともあるが、これだけのサポーターが殺到することは川崎にとっても予想外だった。

 なお、鹿島サポーターらしき申し込みもあったが、川崎側は徹底排除の方針。参加者にはアウェー席チケットの持参や川崎の応援Tシャツ着用などを義務付け、川崎サポーターと判別できない場合、その場で料金を返金してお引き取り願う。因縁の鹿島戦勝利へ、川崎が熱い。(宇賀神隆)
http://www.sanspo.com/soccer/news/090929/sca0909290505003-n1.htm

私もとても興味のある1戦です!

しかも、川崎は、相変わらずいい感じですよね。
特に、鹿島サポ排除の方法なんかは、さすが!と思っちゃいました。

スカパーも無料放送するようなので、間違いなく要チェックです。
しかも、中止になった試合部分も放送してくれるようだし。
(個人的には、この日の試合は、再放送を録画してあります・・・)
9 月12日(土)、大雨によるピッチコンディション不良のため中止となりました
『2009Jリーグ J1リーグ戦 第25節 鹿島アントラーズ vs川崎フロンターレ』の再開試合を下記概要で放送致します。

【放送タイトル】
完全決着!J1第25節「鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ」

【放送日時】
10月7日(水)後5:00〜後8:00(予定) ※午後7時キックオフ、生中継

【放送チャンネル】
Ch.190/Ch.180/Ch.800  スカチャン

【視聴方法】
無料放送 ※どなたでもご覧頂けます。

上記中継内では、午後7時予定の試合開始の前に、中止となった9月12日(土)鹿島vs川崎戦の74分間を全て放送致します。
また、当番組の再放送日時に関しては後日、当HPでお知らせ致します
http://soccer.skyperfectv.co.jp/information/2009/09/sptv-17212731.html

それにしても・・・地図で調べてみたら、鹿島って・・・
関東地方なのに・・・茨城県なのに・・・

ホントにパスポートが必要なくらいの場所にあるんですね・・・w

→関連グッズはこちら
タグ:サッカー
posted by btbt at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。