2006年10月06日

今年のF1を振り返る

F1グランプリ 2006 VOL.1 Rd.1~Rd.6
ジェネオン エンタテインメント (2006/07/21)

F1グランプリ 2006 VOL.2 Rd.7~Rd.12
ジェネオン エンタテインメント (2006/10/06)

フジテレビの中継映像を基にした、今年(2006年)の総集編DVD。

この後Vol.3も発売されることでしょうが、序盤・中盤・終盤と、アロンソVSシューマッハの戦いの変遷を追うのも一興かと思います。

個人的にはVol.3に収録されるだろうトルコGPのマッサ初優勝がいろんな意味で印象的でした。ハンガリーの「涙の日の丸」ももちろんですが。。。

■F1グランプリ 2005 Vol.1 Rd.1~Rd.7
■F1グランプリ 2005 Vol.2 Rd.8~Rd.13
■F1グランプリ 2005 Vol.3 Rd.14~Rd.19
posted by btbt at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のF1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

とりあえずラスト鈴鹿

F1日本グランプリ1987-2005~思い出は鈴鹿とともに
ジェネオン エンタテインメント (2006/09/22)

今日から(決勝は日曜日)始まった、F1日本グランプリ!

来年は「富士SW」での開催が決まっており、鈴鹿での開催は今回で一区切りということもあり、例年にない盛り上がりを見せていますが、私は今年も見に行くことは出来ません。。。

しかも、M.シューマッハのラスト鈴鹿&チャンピオン獲得か??という話題も手伝って、一般紙などでも記事を見かけるようになりました。

お天気が気になるところではありますが、ここいらでバリチェロ&バトンのHONDA1-2フィニッシュなんてどうでしょう??(Mシューは3位で、チャンピオン決定は最終戦ブラジルへ持ち越し...なんて)

そういえば、シューマッハは以前、優勝(?)の喜びのあまり、祝勝会でサーキット内の部屋のガラスをテーブルで突き破ったりしたんですけど・・・今年はどうなんでしょうね。(笑)

■2006 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版
■2005 FIA F1 世界選手権 総集編 完全日本語版
■2004 FIA F1 世界選手権総集編
posted by btbt at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のF1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

バトンもやっと男になりましたね

◎【F1】ホンダワークス、39年ぶりの単独参戦優勝!!
◎ホンダが単独参戦では39年ぶり優勝/F1

今晩じっくり見ます。(CS版)
文字で読んだだけでも鳥肌です。

そういや、地上波では浜ちゃんがゲストで、グリット上からレポートしていましたね。すれ違ったフラビオやバーニーに話しかけて欲しかったけど(笑)

でも、彼らは、浜ちゃんさえもびびらすようなオーラを放っているということなんですね。。。怖い怖い。
posted by btbt at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のF1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

モン吉、家に帰る

monkichi.jpg

◎モントーヤが突如引退!! 今週末からデ ラ ロサ出走へ!
◎マクラーレン、モントーヤの欠場を緊急発表

来季からNASCARへの移籍を表明していたモン吉くんですが、なんと、シーズン終了を待たずにF1からいなくなることになってしまいました。

たしかに、会社などを辞めるときのことを考えると、「僕は辞めるよ」と言ってから残務整理をするときほどモチベーションが下がりまくり(=次のことへの希望でワクワク)のときはないと思います。

しかも、今年はアロンソの優勝はほぼ決定的だし、マクラーレンはスポンサー問題でバタバタしてるし。。。

テレビ中継を見ていても、NASCARとかのアメリカンモータースポーツの方が面白く感じるんですよね。ただ、オーバルを回っているだけでも、そこにある「ドラマ」を、テレビでもうまく伝えてくれるし。

F1中継(CS)は・・・ここ数戦は録画したまま見てもいません。。。

▼NASCARが気になった方はどうぞ
posted by btbt at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のF1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

やっぱり風あたりが強かったね

◎【F1】井出、スーパーライセンス取り消し…F1への出場不可能に
◎【F1】井出ライセンスはく奪のピンチ…Sアグリ次戦はモンタニー
◎井出有治、スーパーライセンス取り消し

やはり「日本人ドライバー2人」という体制が、風当たりを強くしていたのでしょうか??

琢磨だって、シューマッハに追突し激怒させた前科があるので、アルバースを空中大回転させてしまった井出も、もうひとりの「危険な日本人」に認定されてしまったということでしょうね。。。

カーティケヤンなんかは、常に最後尾を走っていたけど、「スーパーライセンス取り消し」なんてことはなかった訳だし・・・(この2人の違いは、インド人にはお金がたくさんあって、日本人にはお金がないということですが...邪推でしょうか?)
posted by btbt at 11:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日のF1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。