2008年05月23日

アイーダ アイダ

アイーダ アイダ
アイーダ アイダ神谷えり 日暮真三 ジェイク・シマブクロ

NHKエデュケーショナル 2005-08-24
売り上げランキング : 37944

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
NHK からだであそぼ ケイン・コスギの きょうの作法・アイーダアイダ [DVD] NHKピタゴラスイッチ アルゴリズムたいそう NHKからだであそぼ 歌舞伎たいそう いざやカブかん! NHKからだであそぼ Vol.1 (AC MOOK) ほねほねワルツ

NHK教育で朝やっている番組「からだであそぼ」で流れる曲。
http://www.nhk.or.jp/kids/program/karada.html

作曲がジェイク・シマブクロなので、朝からさわやかな気分になります♪

子供向けといって侮るなかれ!
NHK教育で流れる音楽は、結構質が高いです。


短い曲でも、名のあるアーティストがオリジナルで作ってたりしますから・・・
ギャラもそれなりに高いんでしょうけど・・・

NHKじゃないとできません・・・・・(笑)
ラベル:NHK教育
posted by btbt at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

リロ&スティッチ・ハワイアン・アルバム

ディズニー・リロ&スティッチ・ハワイアン・アルバム
ディズニー・リロ&スティッチ・ハワイアン・アルバムディズニー

おすすめ平均
starsまさに癒やしです!
starsハワイアン入門にぴったり!
stars子供もノリノリ
starsノリノリの1枚!!!!!!
stars大人も楽しめますょ♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これからの季節、仕事の際のBGMにも最適です(笑)

朝からテンションが上がりますよ〜〜!

ラベル:ディズニー
posted by btbt at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

この街で

この街でこの街で
フォー・セインツ 新井満 原田晴子

USMジャパン 2008-05-07
売り上げランキング : 108294

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

近ラジオでよく耳にします。

歌詞の世界が目に浮かぶようで、なかなか好印象です。

・・・と思ったら、作詞はあの新井満さんなんですね。
そして、歌っているフォーセインツは、往年のフォークソンググループなんですね。。。(私は知らない世代です)

以前、中島啓江がカバーしていたバージョンを聞いたことがありますが(他にも城之内早苗 with 布施明というバージョンもある)、男声グループで聞くのもなかなかいいですね。

posted by btbt at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

デーモン小暮閣下「GIRLS’ROCK」

B000ICLY6OGIRLS’ROCK
デーモン小暮
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2007-01-24

by G-Tools

さっき閣下がFMのゲストで出ていて、このアルバムの宣伝をしていました。

というか、1999年に聖飢魔Uは解散していたのですね。。。

ラインナップは、バブル時代(私は中学生くらい...)を彩ったガールズポップを、閣下がハイトーンボイスでカバーしたもの。個人的にも思い出のある曲ばかりです。

特に「Return to Myself」(浜田麻里) なんかは、英語部分の歌詞を、英和辞典片手に一生懸命訳した覚えがあります。。。

H.E. DEMON KOGURE OFFICIAL WEBSITE
Wikipedia「デーモン小暮閣下」

▼デーモン小暮閣下の他のCDはこちら
posted by btbt at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ラ・クァルティーナの新アルバム

N響の4人のチェリスト(藤森亮一、藤村俊介、銅銀久弥、桑田歩)で作るチェロ四重奏団体「ラ・クァルティーナ」の6枚目!のアルバム。
リベルタンゴリベルタンゴ
ラ・クァルティーナ
(Vc:藤森亮一、藤村俊介、銅銀久弥、桑田歩)

インディペンデントレーベル 2006-10-24
売り上げランキング : 5037
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

藤森さんには、高校時代、「モルゴーア・カルテット」の演奏会の後に楽屋を訪ね、サインをもらったことがあります。。。(その頃はまだ前髪を下ろしていました)

ピアソラは、一時期のブームは過ぎ去ったと思いますが、昨今のダンスブームで「アルゼンチン・タンゴ」が、また人気となっているようで、このアルバムでも1920年代のいわゆる「黄金時代」のラテン・アメリカが中心の選曲となっています。

実際の演奏も、今までは聴いたことのないアレンジ(けっこうイケてる感じです!)で演奏されているようで、その重厚な響きが特に印象的なアルバムになっています。

4人のチェロ奏者によるアンサンブル。バッハからアルゼンチン・タンゴまで、オリジナル、アレンジ曲も含めて室内楽の楽しみを満喫させている。メンバーは、全員N響の楽団員で、藤森亮一(1963年生)、東京音楽大学を経てドイツに留学、N響の首席奏者を務める。藤村俊介(1963年生)と銅銀久弥は、桐朋学園大学を経てドイツに留学。桑田歩(1965年生)は東京音楽大学を経てウィーンに留学。それぞれコンクール入賞歴も多く、ソロに、室内楽に、後進の指導にと活躍中。「CDジャーナル」から引用

藤森亮一 オフィシャル・サイト
マイスター・ミュージック
※この「マイスター・ミュージック」は日本人初の「ディプロム・トーンマイスター」としてドイツの国家資格を取得した平井義也さんの主宰するレーベルです。N響オーボエ奏者の茂木さんも自著で平井さんの腕を賞賛しています。

「CHACONNE」〜4本のチェロのための作品集1
「タンゴ・クァルティーナ」〜4本のチェロのための作品集2
「アダージョ」〜4本のチェロのための作品集3
「アンダンテ・カンタービレ」〜4本のチェロのための作品集4
「シンフォニック・クァルティーナ」〜4本のチェロのための作品集5

続きを読む
posted by btbt at 18:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。