2007年06月22日

ウォール街

ウォール街(特別編) [DVD]ウォール街(特別編) [DVD]
スタンリー・ワイザー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-01-26
売り上げランキング : 31953
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

10年以上振りに見たこの作品。休日の夕方に、BSでやっていたのを何気に見ていたら結局最後まで見てしまいました。。。

多分初めて見たのは、中学生の時分ではなかったかと。当時は、話の内容(株とか金融とかインサイダー取引とか...)はあまりよく分からないまでも、なんとなく「ウォール街」という街のすごさを感じていたように思えます。

そして、チャーリー・シーン演じる証券マン・バドの栄光と挫折、マイケル・ダグラス演じる投資家・ゲッコーの人身掌握術・・・坊主頭の中学生にも、いろいろ思うところがありました。

ただ、最後のシーン(裁判所にバドが行くところでこの映画が終わる...)は、今見ても、ちょっと消化不良でした。「摩天楼はバラ色に」のマイケル・J・フォックスのように、一発逆転があってもいいのかなと。。。

あと、バドの父親(チャーリー・シーンの実父マーティン・シーン)が言った、お金に対する考え方

「売買するな!創造しろ!」

・・・この歳になって、心に響きました。


劇中登場する携帯電話の大きさにも注目です。(笑)
posted by btbt at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

東京タワー(大泉洋)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [DVD]東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [DVD]
田中裕子, 大泉洋, 広末涼子, 大塚寧々

アミューズソフトエンタテインメント 2007-04-20
売り上げランキング : 11086
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

少し前に、HDDレコーダーに録ったまま見ていなかった、2時間ドラマ版「東京タワー」をようやく見ました。(2006年11月、フジテレビ系土曜プレミアムで放送)

田中裕子・・・良かったです。

主役は、大泉洋か?ドランクドラゴン塚地か?と思っていたのですが、主役はやっぱり田中裕子と蟹江敬三(テレビ東京系「ガイアの夜明け」のナレーションでお馴染み)でした。

広末も、これまた良かった。

大泉は、塚地演じる「バカボン」にいろいろいう場面では、口のとんがり方が「どうでしょう」と変わらないテンションで、まるで画面の外に、某Fディレクターがいるかのようでした。(笑)

「まーくんとまーちゃん」という、オカンのセリフに、なんだか胸が熱くなりました。

・・・個人的にも、義理の父を昨年亡くし(結婚して約1年でした)、初めて人の死を目の当たりにしたので、この物語も、いろいろ考えさせられるものでした。

あと、しっかりした女性(説教する女)を演じさせたら、大塚寧々に勝る人はいないですね。

速水もこみち&倍賞美津子の連ドラ版、オダギリ・ジョー&樹木希林の映画版も、機会があったら見てみたいと思います。


BEGIN「東京」(主題歌)
【連ドラ版】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン DVD-BOX
【映画版】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン



▼大泉洋関連のDVDはこちら
posted by btbt at 01:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日のDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

フラガール



公開当時、巷ではしずちゃんのフラダンスが注目さてれいたが、彼女に限らず、出演者全員が相当なレベルでのフラダンスを身につけていたようで、まずそこに感動した。特に松雪泰子は、もっと注目されてもよかったような気さえする。

しかし、なんといっても注目すべきは、蒼井優。個人的には「何でこの人がこんなに注目されているのか?」と疑問符がつく女優さんではあるのだが、この作品を見て、その普通さの裏にある「筋の通った存在感」がこの作品で貫かれており、この辺が、この女優の魅力なのだと初めて感じることができた。

あとは、富司純子が怖かった。(笑)


常磐炭鉱の歴史と常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の関係を初めて知ることができたというのも、個人的には収穫だった。

実家が福島なので、子どもの頃からその存在は知っていたが、「なぜハワイ?」と腑に落ちない存在ではあったのだが、「炭鉱」「温泉」というキーワードで、ようやく納得できた。

いわきの「アクアマリンふくしま」や「ら・ら・みゅう」に行くときに、この施設の近くを通ったことは何度もあるのだが、そのうち、機会をみて行ってみてもいいかな・・・と思った次第。

映画「フラガール」公式サイト
スパリゾートハワイアンズ



▼蒼井優の出演作品DVDはこちら
posted by btbt at 03:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日のDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

県庁さん

県庁の星 スタンダード・エディション [DVD]県庁の星 スタンダード・エディション [DVD]
桂望実 佐藤信介

東宝 2006-10-27
売り上げランキング : 26522
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アプローチこそ違うものの、基本路線は「スーパーの女」と同じかと。。。

「満天堂」のダメ具合は「正直屋」ほどではないものの、なかなかの三流具合。

時代背景からか、「満天堂」には外国人スタッフも多くいることにちょっとびっくり。・・・そういえば、私の地元スーパーでも、中国人や韓国人のレジ係が結構います。。。

でも、さすがにあんな県庁は・・・あるんでしょうか?
まあ、似たようなところは・・・あるんでしょうね。ま、私には縁のない世界ですがね。。。

・・・「スーパーの女」では、「正直屋」のやっていることがあまりにもひどかったために(でも現実に近いと思うのですが...)、実際のスーパーなどから苦情が相次いだというのは有名な話。なので、今作にはその辺の考慮もあったんでしょうね。きっと。

そう考えると伊丹十三はすごい。

posted by btbt at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

名探偵コナン〜探偵達の鎮魂歌(レクイエム)

テーマは「愛」ですね!
今回は、結構、大人向けのストーリーだったと思います。
シリーズの中でも、「名作」の部類に入る作品だと思いました。

映画公開時から、「オールスター競演」的な触れ込みだったので、どんなもんかと思っていたら、それぞれが、それぞれで持ち味を出していたと思います。

(この辺が賛否両論あるようですが...)

テレビ版は最近ほとんど見ていませんが、映画は、なぜか全部見てます。(笑)

ただ、タイトルの「探偵達の鎮魂歌」は・・・ちょっと仰々しすぎかなと思いますが。。。

※ちなみに鎮魂歌(レクイエム)とは下記のような意味です。
レクイエム 2 [(ラテン) Requiem]
〔「安息を」の意〕
(1)カトリック教会で、死者のためのミサ。死者が天国へ迎えられるよう神に祈る。典礼文の入祭文がレクイエムで始まるところからいう。
(2)死者の鎮魂を願う入祭文を含めて作曲した、死者のためのミサ曲。鎮魂曲。鎮魂ミサ曲。

【goo国語辞典(三省堂提供「大辞林 第二版」)より】

名探偵コナン(テレビ)公式サイト
名探偵コナン(映画)公式サイト
Wikipedia「名探偵コナン」
Wikipedia「レクイエム」

▼「名探偵コナン」のDVDはこちら
posted by btbt at 16:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日のDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。