2007年06月01日

アニメ版 のだめカンタービレ



田舎住まいの私にとって、アニメ版「のだめ」は、「ある方法」を使いPCで見るしか手段はなかったのですが、こんなに早くDVDが出てくれて(しかも、徒歩圏内にあるTSUTAYAにも入荷していて)大変うれしく思います。

しかも、このアニメ版は、例のドラマ版に比べて原作により忠実に作られているようで、その辺も好感が持てます。

ただ・・・悲しいかな、ドラマ版で

 のだめ=上野樹里、千秋=玉木宏
 ハリセン=豊原功輔、谷岡先生=西村雅彦 etc..

という配役が頭に残っているので、初めの頃は、声の感じや雰囲気に若干の違和感を覚えたのも確か。

しかし、楽器の演奏シーンや、楽器の描写自体も非常に精度が高くて、余計なところに気を取られないので、すっと見ることができる作品に仕上がっています。

・・・雑誌での原作は、最近停滞気味という話を聞きますが、とりあえず、また最初から追いかけなおすのもまた一興かと。。。

時間ができたら、「のだめ」登場曲をちゃんと整理して聴こうと思っているのですが、なかなかなかなか・・・・です。(苦笑)

あ、ニールセンの交響曲第4番「不滅」(千秋がマルレオケでやった曲)は、CDを手に入れて初めて聞きました。なかなかいい曲でしたが、何でこんな曲が漫画に登場してくるのか。。?

監修の茂木さんの趣味なんでしょうかね??

【連ドラ】のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)



▼「のだめ」関連CD・書籍も続々発売中
ラベル:千秋 のだめ
posted by btbt at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日ののだめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

オイラもチェロ回したことあるよ(ドラマ「のだめ」第4話)

何を隠そう、私もチェロを弾きながら(正確には休符で)チェロ回したことありますよ!でも、ベートーヴェンでは・・・そんな余裕はないです。

初めてチェロを回したのは忘れもしない高1の冬・・・商店街でのクリスマスイベントの野外コンサートでした。。。それからも、チャンスがある度に(せいぜい「イベント系」ですが...)くるくる回してはいます。。。でも、なかなかリズムに合わせて回すのも大変(練習が必要)なんですよ!(笑)

原作ではヴァイオリンだけだったのに(しかも曲は「英雄」だったはず...)、ドラマでは、チェロ・バスは楽器を回し、管楽器はのけぞるほどのベルアップ!とは恐れ入りました。やっぱりこれは、茂木さんのセンスでしょうか??

ちなみに、のだめがピアノで「ベト7」を弾いていましたが、実際、リスト(ピアノの名手)なる作曲家がピアノ用に編曲した版もあるんです。
ベートーヴェン (リスト編曲) : 交響曲第7番ベートーヴェン (リスト編曲) : 交響曲第7番
Pf:シプリアン・カツァリス

ワーナーミュージック・ジャパン 1999-11-25
売り上げランキング : 13486
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ベト7」・・・ベートーヴェン作曲 交響曲第7番 の個人的なお勧めCDは、若き(といっても46歳...)ショルティがウィーンフィルを振った1枚。(現在は入手困難のようですが)

他には、クライバー、アーノンクールあたりでしょうか。
ベートーヴェン:交響曲第5&7番 ベートーヴェン:交響曲第7番 ベートーヴェン:交響曲第7番

ベト7のCDはこちらからもどうぞ

続きを読む
posted by btbt at 23:13| Comment(2) | TrackBack(25) | 今日ののだめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

峰のヴァイオリンすごい!(ドラマ「のだめ」第2話)

ドラマ「のだめカンタービレ」の第2話で、漫画では「イメージ」でしか捉えられなかった峰龍太郎のヴァイオリンの音が、初めて「音」として聴くことができました!

いや、なかなか良かったと思いますよ!!

実際誰が弾いているのかわかりませんが、再試での、自分アレンジのベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」の演奏。個人的には好きでした!

ほかにも、このドラマは細かい部分でもクオリティが高いですよね。
鯵が水槽の中に投げ返されて生き返るシーンなどは「すげー」と感嘆してしまいました。のだめが殴られて「ぎゃぼー」と飛んでいくシーンなんかも、リアルですよね。

また逆に、飛行機の胴体着陸のチープな模型も、なかなかいい味を出していると思います。。。

いや、でも、ヴィエラ先生は・・・やっぱりマーツァルとしか見られないですよ。。。
ダニエレ・ガッティあたりだと、髪の毛も多いし若いし・・・いかがでしょうかね?(こういう感じの人です

★「春」のおすすめ(1) かつての「神童」2人の競演!
Beethoven: Violin Sonatas Beethoven: Violin Sonatas "Kreutzer" & "Spring"
Vn:Itzhak Perlman
Pf:Vladimir Ashkenazy

Decca 2006-04-11
売り上げランキング :
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★「春」のおすすめ(2) 現代の「名手」ヴェンゲーロフの名演!
Beethoven: Violin Sonatas Beethoven: Violin Sonatas "Spring" & "Kreutzer"
Vn:Maxim Vengerov

Teldec 2002-05-14
売り上げランキング : 29890
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む
posted by btbt at 15:32| Comment(2) | TrackBack(2) | 今日ののだめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

のだめカンタービレ(ドラマ版)

始まりましたね。ドラマ・実写版「のだめ」。
http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/

正直なところ、前評判ほどひどくはなかったと思います。
ドラマはドラマとして割り切って見ると、それなりに楽しめると思いますね。
(CGアニメによる演出効果も、やりすぎなければ・・・まあ許容範囲かなと思いましたね...)

のだめがリアルな「人間」になれば、あんな風になるのかな・・・と、ちょっと感心して見てしまいました。。。(上野樹里も、前評判よりはぜんぜんアリだと思いました)

のだめカンタービレ 16巻 限定版 のだめカンタービレ Selection CD Book〈vol.2〉
のだめカンタービレ 16巻 限定版
のだめカンタービレ #16 (16)
のだめカンタービレ Selection CD Book〈vol.2〉

2人でピアノで弾いていた曲は、モーツァルト「2台のピアノのためのソナタ・ニ長調」。
モーツァルト:2台と四手のためのピアノ作品集モーツァルト:2台と四手のためのピアノ作品集
Pf:マルタ・アルゲリッチ、アレクサンドル・ラビノビチ

ワーナーミュージック・ジャパン 2004-01-21
売り上げランキング : 58
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし・・・唯一突っ込みたいところは、ヴィエラ先生。

あの役をやっていた外人さんは、ズデニェク・マーツァル(マカル)という本物の指揮者で、冒頭にも出てきたチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督でもあります。。。(チェコ人、御年70歳)

確かビエラ先生はもっと髪の毛ががあったような。。。(笑)
しかも、その名前から察するに「イタリア系」の人だと思ったのですが・・・

今後、竹中・シュトレーゼマンとの絡みなんかはあるんでしょうかね??
(回想シーンで、昔、おもちゃ屋で喧嘩していたシーンがあったはず)

▼マーツァルの指揮する演奏も聴いてみて下さい
posted by btbt at 22:49| Comment(0) | TrackBack(35) | 今日ののだめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

のだめ2

なんと、今度は「のだめカンタービレ」に出てくるキャラクターたちが、本物の演奏を聴かせてくれるそうです るんるん
ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ
指揮:千秋真一
R☆Sオーケストラ

キングレコード 2005-09-22
売り上げランキング : 482
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

千秋真一&R☆Sオーケストラ が、ブラームスの交響曲第1番でCDデビューするというから、驚きました!

なかなかこのプロジェクト・・・「本気」ですね。
続きを読む
posted by btbt at 15:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日ののだめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。