2008年05月07日

黄泉がえり 梶尾真治

黄泉がえり (新潮文庫)黄泉がえり (新潮文庫)
梶尾 真治

新潮社 2002-11
売り上げランキング : 98338
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

GWの空いてる時間を利用して一気に読んでしまいました。

さて内容は・・・・・
SFなのかホラーなのかファンタジーなのか、はっきりとは良く分かりませんでした。でも、熊本を舞台に、そこに生活する人々のリアルな描写があったおかげで、私でも読み進めることができました。(笑)

ギフト商社や、市役所や、ある夫婦の物語や、あるアイドル歌手など・・・いろいろなエピソードがおなかいっぱいに詰め込まれていて、物語も半分を過ぎたあたりから、さて最後はどうまとめるんだ?と思っていたところ、突然、ある架空の物体(?)の存在が語られ始め・・・・・・

最後の方は、正直「それってどうよ?」的な感じでしたが、ま、それほど読後感は悪くはなかったです。

キーワードはやっぱり「愛」ですかね・・・

自分の身近な人に当てはめて考えると、より一層、思うところがあると思います。

・・・ちなみに、映画はまだ見てません。
でも、だいぶ内容は違っているようなことが、あとがきに書いてありました。。。

黄泉がえり スタンダード・エディション [DVD] DOCUMENT 草g剛 in 「黄泉がえり」 黄泉がえり

ラベル:梶尾真治
posted by btbt at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。