2008年11月14日

小泉本その1 郵政大乱!小泉魔術(マジック)

郵政大乱!小泉魔術(マジック) (徳間文庫)郵政大乱!小泉魔術(マジック) (徳間文庫)
大下 英治

徳間書店 2005-11
売り上げランキング : 443389
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

次期衆院選がいつ行われるのかは、今のところまったく不透明ですが・・・

今の衆院議員が選ばれた、前回の衆院選(いわゆる「郵政選挙」)の舞台裏を、克明に描き出しています。

まるでその場にいるかのような、著者得意の情景描写・心理描写が、読んでいてもとても分かりやすいです。

2005年の出版ですが、今の政治を知るには、読んでおいた方がいい1冊でしょう。

「小泉は信長か」と併せて読むと、彼のこと、そして郵政民営化のことが、なお良く分かると思います。


・・・個人的には、彼のことが好きとか嫌いとかではなく、あのゴタゴタの中身をもっと詳しく知りたい思って読み始めたわけで・・・
結局のところ、「周りは大変だったんだね」という感じですね。。。
posted by btbt at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。